title

バリアフリ―

2017年10月

ホーム柵や浸水対策を、地下鉄の最優先課題に/井上浩議員(2017年10月15日付大阪民主新報)

2017年9月

移動の権利守る都市交通実現を/交通水道委員会で寺戸月美議員(2017年10月1日付大阪民主新報)

2017年9月

地域交通ネットワーク創設の支援を大阪市議会委 寺戸市議が質疑(2017年9月22日)

2017年5月

柴島歩道橋のバリアフリー化を/こはら議員が質疑(2017522日)

2017年3月

財政貢献は公営優れる/大阪市議会委 地下鉄民営化に反対 山中市議 (2017年3月24日付しんぶん赤旗)

2017年3月

市バス・地下鉄の民営化について山中議員が質す(2017年3月10日)

2017年2月

地下鉄バス民営化反対/山中議員「市民の利益損ねる」(2017年2月22日付しんぶん赤旗)

2016年12月

地下鉄民営化やめよ/大阪市議会委 山中氏が追及(2016年12月11日付しんぶん赤旗)

2016年9月

新たな浸水対策や可動式ホーム柵/「基本方針案」で想定せず/地下鉄民営化「基本方針案」 瀬戸大阪市議が追求(2016年10月23日付大阪民主新報)

2016年9月

大阪市には市民に関わる交通政策を担当する部署が存在しない/大阪市議会委 山中智子・大阪市議が質疑(2016年9月29日)

2016年9月

安全地下鉄 公営でこそ/大阪市・山中氏(2016年10月1日付しんぶん赤旗)

2016年3月

地下鉄民営化にメリットなし/根拠は崩れ新たな負担も/共産・山中議員が力説(2016年3月20日付大阪民主新報)

2016年3月

地下鉄民営化撤回を/大阪市 山中氏「前提崩れる」(2016年3月16日付しんぶん赤旗)

2016年2月

地下鉄・バス民営化反対/大阪市議会 山中氏が質問(2016年2月27日付しんぶん赤旗)

2015年10月

市バス、路線も本数も大幅削減/橋下維新市政が切り捨て(2015年10月25日付大阪民主新報)

2015年10月

地下鉄・市バスー体で/瀬戸大阪市議 「市民の足守れ」(2015年10月20日付しんぶん赤旗)

2015年10月

大阪市議会委/民営化推進は強引/地下鉄・バス山中議員が批判(2015年10月7日付しんぶん赤旗)

2015年6月

バス路線の不便解消へ/現地調査をもとに改善を要求/交通水道委員会で山中議員(2015年6月5日)

2015年2月

大阪市議会委 地下鉄・バス民営化例案再び否決/岩崎議員 分断バス路線復活主張(2015年2月21日付しんぶん赤旗)

2014年11月

交通局随契違反7割/岩崎氏「局長の責任は重大」(2014年11月26日付しんぶん赤旗)

2014年9月

大阪市営・地下鉄民営化/市民要請に逆行/岩崎市議が批判(2014年9月11日付しんぶん赤旗)

2014年5月

地下鉄・バスの乗り継ぎ割引き、現金でも適用を/岩崎議員が陳情質疑(2014年5月15日)

2013年10月

大阪市議会交通政策特別委員会/地下鉄民営化の論拠崩れる/市営でこそ市民に還元/北山市議の質問で明らかに(2013年10月27日付大阪民主新報)

2013年10月

市民の足奪うバス大幅削減/岩崎市議「地下鉄と一体経営を」(2013年10月27日付大阪民主新報)

2013年10月

大阪市議会決算特別委員会 “公営即非効率”は誤り 地下鉄・市バス民営化を批判(2013年10月9日付しんぶん赤旗)

2013年8月

今里筋線延伸の検討は公共交通の立場でこそ/北山良三議員が主張(2013年8月11日付大阪民主新報)

2013年8月

路線減で市民の足奪う民営化方針に道理なし/岩崎賢太議員が追及(2013年8月11日付大阪民主新報)

2013年5月

民営化に道理なし 地下鉄・市バス岩崎議員が追及(2013年5月23日付しんぶん赤旗)

2013年3月

市民に借金押しつけ/大阪市議会委 岩崎議員質問/市営バス民営化批判(2013年3月27日付しんぶん赤旗)

2013年3月

地下鉄を売り渡すな/共産党・岩崎大阪市議が追及(2013年3月24日付大阪民主新報)

2013年2月

市営交通 民営化方針撤回を/大阪市議会で岩崎議員迫る(2013年2月27日付しんぶん赤旗)

2013年1月

地下鉄・バス民営化間違い.大阪市議会協議会岩崎議員が強調(2013年1月31日付しんぶん赤旗)

2013年1月

“民営化の理由ない”大阪市地下鉄・バス 岩崎市議追反(2013年1月23日付しんぶん赤旗)

2012年11月

バス存続をの声聞いて.岩崎議員 大阪市に支援策を提起(2012年11月15日付しんぶん赤旗)

2012年9月

行政の使命の放棄.大阪市営バス民営化を批判.岩崎市議(2012年9月22日付しんぶん赤旗)

2012年7月

岩崎けんた議員、「バス、地下鉄の民営化方針はだれのため」と追及(2012年7月20日)

2012年5月

大阪市議会交通水道委協議会で岩崎議員「地下鉄民営化に大義も道理もない」(2012年5月22日)

2012年5月

赤バス補助金削るな 大阪市議会委 尾上議員が求める(2012年5月20日付しんぶん赤旗)

2012年3月

コミュニティ系バス運営補助費の継続を求める(2012年3月13日)

2011年10月

岩崎議員が交通水道委員会で、地下鉄大阪港駅東南口にエレベーター増設を求める(2011年10月21日)

2011年9月

岩崎けんた議員が交通水道委員会で、市民・利用者第一の地下鉄・バス事業を示す「新中期経営計画」への転換を求める(2011年9月28日)

2011年9月

「赤バス」存続、「敬老パス」継続を求めて、岩崎けんた議員が交通水道委員会で質疑(2011年9月28日)

2011年9月

駐輪場有料化は放置自転車対策への逆行.こはら孝志議員が建設港湾委員会で質疑(2011927)

2011年9月

阪神高速道路、新料金案に反対.尾上議員が西大阪線の無料化など計画消防委員会で追及(2011年9月26日)

2011年6月

住民や利用者の声を反映する「赤バス」運行を.岩崎けんた議員 交通水道委員会(2011年6月24日)

2011年3月

地下鉄日本橋駅7号出入口(国立文楽劇場最寄駅)へエレベーター設置を.わたし議員が交通水道委員会で求める(2011年3月2日)

2011年3月

適切な支援で赤バスを含むバス事業を支え、市民の足を守れと質す.わたし考一議員が交通水道委員会で(2011年3月2日)

2010年12月

下田議員が「駐車場確保に関する陳情書(阿倍野ベルタ周辺の駐輪対策)」の審議で将来を見据えた常設駐輪場整備を求めて質疑(2010年12月9日)

2010年9月

長堀鶴見緑地線全駅へ、速やかに可動式ホーム柵の設置を求める(2010年9月30日)

2010年9月

交通弱者・市民の生の声に真摯に耳を傾けるべき.わたし考一議員 交通水道委員会(2010年9月15日)

2010年5月

安達義孝議員が陳情書「平野東4丁目交差点の道路問題」審議で安全対策の強化を主張、陳情採択を求め質疑(2010年5月25日)

2010年5月

安達義孝議員が、陳情書「公的駐輪場施設の充実について」の審議で四ツ橋駅とその周辺の早急な駐輪場設置を求め質疑(2010年5月25日)

2010年5月

南海電鉄粉浜駅前の駐輪場整備について、南海電鉄に事業者としての責任を求めつつ、駅周辺の駐輪問題の解決にあたるべきと安達義孝議員が要望(2010年5月25日)

2010年3月

地下鉄の安全対策万全に.事故を受けわたし考一議員(2010323)

2010年3月

自転車道の整備と駐輪対策の強化、ポートタウン病院建設等について安達議員が質疑(2010年3月12日)

2010年3月

「赤バス」の収支については全額補填を.わたし議員が交通水道委員会で質疑(2010312)

2010年3月

門真南駅も可動式ホーム柵全線導入計画に遅れることなく設置を.長谷議員が交通水道委員会で要求(2010312)

2010年3月

清水市議、淀川左岸線2期事業の見直し、地元住民の健康、環境対策を強く求めて質疑(2010年3月11日)

2010年2月

赤バス12年3月末まで存続.運動と論戦の成果「一定の利用あれば維持」(2010年2月25日付しんぶん赤旗)

2010年2月

わたし議員が交通水道委員会で「市民の移動の権利」確保を求めて質疑(2010年2月24日)

2009年12月

赤バスと市営バス路線一部廃止検討の撤回を求めはせ正子議員が質疑(2009年12月15日)

2009年12月

赤バスは必ず存続を.大阪市議会委で尾上議員(2009年12月10日付しんぶん赤旗)

2009年11月

赤バス路線など廃止ありきの姿勢を撤回し、市民的議論を重ねるべき.わたし考一議員 交通水道委員協議会で主張(2009年11月20日)

2009年10月

バス事業を守ってほしいの市民の声に応え、市補助金の増額を.わたし議員が交通水道委員会で要求(2009年10月13日)

2009年10月

利用者の声を真摯に聞きバス路線を.わたし考一議員が公営・準公営決算特別委員会で(2009101)

2009年9月

阪神高速信濃橋渡り線、住民への説明責任を果たすよう要望.計画消防委員会で尾上議員(2009年9月11日)

2009年6月

利用者・市民の意見反映した市バス路線改廃計画を.渡司議員が交通水道委員会で質疑(2009年6月26日)

2009年3月

地下鉄8号線延伸事業の早期実現を求める.交通水道委員会で下田敏人議員(2009年3月13日)

2009年3月

市バス路線の維持・拡充と民間委託化の中止を求める.交通水道委員会で下田敏人議員(2009年3月13日)

2009年3月

地下鉄ホーム可動式柵の全線設置へむけ計画的整備を急げ.交通水道委員会で長谷正子議員(2009年3月13日)

2009年3月

赤バスは住民参加でコミュニティーバスとして充実を.交通水道委員会で長谷正子議員(2009年3月13日)

2008年9月

地下鉄の安全対策と可動式ホーム柵設置の早期強化を(2008年9月30日)

2008年9月

尾上議員が、花園町駅前の放置自転車解消対策を強く求める(2008年9月12日)

2008年9月

京阪森小路駅のバリアフリー化求める陳情.採択求め寺戸議員が質疑(2008911)

2008年3月

下田議員、地下鉄8号線南伸は市が市民に約束した路線と実現を求める(2008年3月14日)

2008年3月

尾上議員、大国町駅など危険なホームへの可動柵早期設置とホーム要員増員配置を求める(2008314)

2008年2月

バス停の移設や撤去は地域住民の合意・協力が前提だと主張.交通水道委員会で尾上やすお議員(2008年2月27日)

2007年10月

地下鉄民営化するな、新線建設は公営でこそ可能.決算特別委員会で瀬戸一正議員が指摘(しんぶん赤旗:2007年10月14日付)

2007年10月

職員、市民の声きいて.大阪市議会バス事業で尾上議員(しんぶん赤旗:2007年10月12日付)

2007年9月

市バス34系統(守口車庫−大阪駅)、始発時間を10分早く.上野議員が交通水道委員会で質疑(2007年9月26日)

2007年9月

地下鉄民営化の必要はまったくない.下田敏人議員が関市長を追及(2007年9月19日)

2007年2月

 「直通バスの復活と増便を」の陳情採択を求め質問.大阪市会交通水道委員会で関根信次議員(2007年2月14日)

2007年1月

大阪市は市営交通の原点にたちかえるべき.下田議員、地下鉄・バスの民営化論を批判(2007年1月24日)

2007年1月

交通事業民営化は大阪市に巨大なリスクをもたらす. 関根信次市会議員が交通水道委員会で質疑(2007年1月22日)

2006年12月

地下鉄今里筋線開通にあたり緊急要望(2006年12月27日)

2006年12月

地下鉄・市バスは公営交通として守り、発展させるべき.市政改革特別委員会で下田議員が主張(2006年12月22日)

2006年12月

交通事業の「株式会社化」シュミレーションを厳しく批判.交通水道委員会で関根信次議員(2006年12月15日)

2006年11月

稲森豊議員が二輪駐輪場の整備促進を求める。全会一致で陳情採択(2006116日)

2006年10月

市営地下鉄は、公営企業以外にありえない。下田敏人議員が関淳一市長をただす(2006年10月18日) 

2006年10月

市バス路線の廃止や縮小をやめ、市民の足を守れ。大阪市議会委員会で瀬戸一正議員が主張(2006年10月18日)

2006年10月

大阪市バス民営化を批判。公営・準公営決算特別委員会(2006年10月2日)

2006年10月

地下鉄・市バスの民営化に反対。公営・準公営決算特別委員会で江川しげる議員が主張(2006年10月2日)

2006年10月

敬老パスの無料での継続を。公営・準公営決算委員会で江川しげる議員が関市長に求める(2006年10月2日)

2006年10月

公営企業として、可動式ホーム柵を早急に設置せよ。公営・準公営決算委員会で江川しげる議員が市長に要求(2006年10月2日)

2006年7月

市バスの存続で市民の足を守れ。市政改革特別委員会で、山中智子議員が主張

2006年7月

市営地下鉄の経営形態、見直す必要なし。下田敏人議員(2006年7月30日しんぶん赤旗)

2006年3月

安全軽視のマニフェストは撤回せよ、交通水道委員会で矢達幸市議が追求(2006年3月17日)

2006年3月

市営地下鉄ホームへの可動式柵設置を求め質疑、交通水道委員会で長谷正子市議(2003年3月16日)

2006年1月

交通局は公営企業の原点に立てと主張、交通水道協議会で矢達幸議員がマニフェストについて質疑(2006年1月26日)

2005年12月

地下鉄駅への可動式ホームドアーの設置を要望、当局は従来より前向きの答弁。交通水道委員会で矢達幸議員(2005年12月14日)

2005年10月

住之江公園駅乗り継ぎに直通エレベーターの設置を。長谷正子議員が交通水道委員会で陳情書の採択を求める(2005年10月12日)

2005年5月

美章園駅のバリアフリー陳情書が全会一致で採択、小南議員が採択を主張(2005年5月24日)

2005年3月

公共交通網はオール大阪で重要、地元住民と十分な話し合いを、小南議員が補正予算について質疑(2005年3月24日)

2004年12月

美章園にエレベーター・エスカレーターの設置を求める陳情書採択を主張、計画消防委員会で小南議員が(2004年12月14日)

2004年10月

誰も困らない、怒らない、良い制度 高齢者の生きがい、楽しみ、元気の素、敬老優待乗車証の拡充、継続を、公営・準公営決算特別委員会で長谷議員が要望(2004年10月8日)

2004年10月

市営地下鉄は約二〇〇億円の実質黒字、公営企業・準公営企業決算特別委員会わたし考一議員が主張(2004年10月8日)

2004年10月

既設駅にホーム柵の設置を 公営・準公営決算委員会で長谷正子議員が要望(2004年10月8日)

2003年10月

安全第一の公営交通に公営・準公営決算委員会で山中智子議員が主張(2003年10月8日)

2003年10月

赤バスの故障対策の強化を、市民病院の安全対策を 公営・準公営決算委員会で北山良三議員が主張(2003年10月8日)

2003年9月

阪神高速・大阪泉北線の建設はきっぱり中止を 陳情の採決を 北山良三議員が計画消防委員会で主張を(2003年9月22日)

2003年3月

市営地下鉄の抜本的な安全対策を求める 交通水道委員会で江川繁議員(2003年3月7日)

2003年3月

赤バス導入、マンション戸別メーター取替え公費負担など求め 交通水道委員会でたつみ正夫市議が質疑(2003年3月6日)

2002年10月

「美章園駅にエレベーター・エスカレーターの設置をもとめる請願書」辻議員が計画消防委員会で採択を主張(2002年12月16日)

2002年10月

朝潮橋東口にエレベーターの設置を 江川繁議員 交通水道委員会で採択主張(2002年10月16日)

2002年10月

地下鉄ホーム転落事故なくす人の配置を 大阪市会交通水道委員会で関根信次議員が質疑(2002年10月16日)

2002年5月

大阪市議会計画消防委員会で辻ひで子議員「交通バリアフリー法推進委員に女性を」と主張(2002年5月28日)

2002年3月

辻議員が交通バリアフリー促進をもとめ陳情書の採択を主張(2002年3月26日)

2002年3月

小笠原議員が市営交通のバリアフリー計画について利用者参加を求める(2002年3月18日)

2002年3月

小笠原議員が赤バスを安全、選定問題などを追及(2002年3月18日)

2001年12月

辰巳議員がバス路線再編成は区民利用者の立場で対応求める(2001年12月13日)

2001年11月

小笠原議員が地下鉄朝潮橋駅東口にエレベーターの早期設置を求める(2001年11月27日)

2001年10月

市営交通に補助提起稲森議員(2001年10月2日)

2001年10月

コミ系バス路線の新設・バリアフリーなど市民の声を聞いて実施を山中議員(2001年10月1日)

2001年9月

南海本線3駅にエレベーター・エスカレーターを関根議員が陳情採択を主張ハ(2001年9月18日)

2001年3月

「たなざらし」の請願、陳情の即時採択を渡司議員求める(2001年3月23日)

2001年3月

交水委・渡司議員がバス事業の規制緩和撤回を市長に迫る(2001年3月15日)

2000年11月

高度道路交通システム実験計画時から市民参加で計画消防委ではせ議員が質疑(2000年11月6日)

2000年11月

運転手に便利なトレイ設置、安全運転の条件づくりを関根、渡司議員が採択主張自、公など背向ける(2000年11月6日)

2000年10月

朝潮橋東口にエレベーター、エスカレーター設置を、渡司考一議員が質疑(2000年10月13日)

2000年10月

バス運転手の労働条件改善で事故を無くせ関根議員が要求(2000年10月13日)

2000年10月

地下鉄トンネルの火災無くす対策を関根議員が追及(2000年10月13日)

2000年10月

市バス守り充実せよ瀬戸議員が民間参入反対求める(2000年10月5日)

2000年10月

市営交通のバリアフリー小笠原正一議員が問題点を指摘(2000年10月4日)

2000年10月

ただちに地下鉄朝潮橋駅にエレベーター、エスカレーター設置を辻ひで子議員が質疑 (2000年10月4日)

2000年10月

全行政区にコミニティーバスを辻ひで子議員が具体的に提案(2000年10月4日)

2000年9月

大阪市議会交通水道委員会が開催 せきね議員が地下鉄事故問題で追求(2000年9月22日)